疲れ目に効くサプリの成分や特徴は?薬局のサプリでも効くの?

スマホ老眼という近代病は目の近くで画面を見ることで毛様体筋が過労して起こる症状ではありますが、毛様体筋を酷使せずにスマホやパソコンの画面を見れるように考案されたブルーライトメガネを用いるとスマホ老眼を抑止することができます。またそれと同時進行でアイケアサプリも利用するのもスマホ老眼の予防に活躍してくれます。

ルテインはスマホやテレビからも発するブルーライトから目を保護するだけでなく、加齢することで発症する老眼の侵攻を高い抗酸化作用によって遅らせる効能にも期待できます。

ルイテインは水晶体や黄斑などで機能し、抗酸化による老化防止や強すぎる光から目を保護していますが、不足することでその機能が低下して白内障や加齢黄斑変性症になる確率は上がってしまいます。スマホやPCが出す光は人の目にはまあまあ強くて支障をきたす光りです。

でもルテインは支障をきたす光も吸収して目を危険から守る役割を発揮してくれるのです。スマホ老眼は近距離でスマホを見つづけることで、老眼みたいにハッキリと物を見ることができなくなることを言います。

一時的に老眼みたいな症状になることが多いですが、繰り返すことで重症化して戻らなくなる場合があるので注意が必要ですね。ゼアキサンチンはルテインと同じような効果を果たします。それもそのはずで、ゼアキサンチンとルテインは元は同じ物質で、ルテインが体内で作り変えられたものがゼアキサンチンになります。

当然ゼアキサンチンの効果はルテインとまあまあ似た効果を発揮してくれます。

目のかすみや目の疲労感、目の乾燥もサプリでクロセチンやゼアキサンチン、アスタキサンチンなどの目に良い成分を摂取することで改善効果を高めることができます。

ただ、目がおかしいと感じた時は病院で診て貰うことも大事です。疲れ目には目を10分間温めたり、目薬で癒やしたり、目をいつも以上に休めることで改善できますが、サプリの有効成分のビルベリーなどの栄養素を補給することでより効果的に治すことができます。

眼精疲労やかすみ目の対策や改善にはビルベリーやルテインが豊富に配合された目のサプリメントがオススメでしょう。ビルベリーやルテインなどの有効成分によって目の疲れやかすみ目が良くなるだけでなく、ピント調整の効果によって目のぼやけを改善する効果にも期待できるからです。

アントシアニンが眼の疲労を治すとされるのは、目に疲れが溜まってきた時に働きが悪くなるロドプシンの動きを良くする効果があるからです。なので今ではブルーベリーよりも、アントシアニンが豊富なビルベリーが人気を呼んでいます。

ドライアイの原因は目の使いすぎ、コンタクトレンズの利用、ストレスや過労、スマホやパソコンのブルーライトによる影響など原因は人によっていろいろなのが現状となります。

改善するには目の休日を創ること、目の負担を減らすこと、スマホなどの画面を見すぎないことが効果的でしょうが、これらに加えて眼精疲労に効くサプリメントの活用も有効な手段です。ビルベリーが目に良いとされるのは、目の疲れなどに有効なアントシアニンが含有しているからです。最も有名なのはブルーベリーですが、ビルベリーの方がアントシアニンが豊富なことから現代ではブルーベリーよりもビルベリーの方が認知されはじめています。スマホ老眼を防ぐには1時間に1回は10分程度休憩してスマホを長い時間見ることを止めたり、スマホを見る時は眼から40センチ前後は離して目から離してみること、スマホの明るさを暗くして自律神経の乱れを抑えるのも有効です。

もっと詳しく調べたい方はこちら⇒疲れ目に効果的なサプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です